2015_12
05
(Sat)19:07
『何よりも大切な…』

1度裏垢にてあげたものです

・ハクヨナ恋人設定
・どこかの宿に泊まっていて、ハクとヨナちゃんは同室
・ところどころ文章崩壊していますが大目に見てやってください



「ハク、あの……」

さぁもう寝ましょうかと寝台に横になったところ、隣の寝台で寝るはずのヨナが立ったままハクに喋りかけてきた。

「……」

「どうしたんです?」

途中まで何かを言いかけたもののその続きをなかなか喋らない。

具合でも悪いのかと思い、起き上がってヨナに近づいてみればビクッと身体を縮こませた。

下を向いたままの顔を覗きこんでみればその顔は赤く本当に熱があるのではと思った。

「姫さん具合でも悪いんですか?明日の出発はそんなに早くはないですが、もう寝ましょう」

そう言って寝台に誘導しようとしたところ服の袖を捕まれ静止された。

「姫さん?」

「ハ、ハク…あの…今日………一緒に、寝てもいい…?」

最後の方は声が震えて小さくなっていたが、ハクには充分聞こえる音量だった。


「……………」


聞こえてはいたが、一瞬何を言われたのかわからずつい固まってしまった。

「……ハク…?」

はっと姫の声で戻り、まじまじとその顔を見ると頬を赤らめ瞳を潤ませてこちらを見上げていて…

(………そんな表情でそんなことを言うのは反則すぎるだろ……)

今すぐ抱き締めてその唇を塞いでそのまま寝台に……という衝動をなんとか抑え、堪らず口を手で覆い顔を背けた。

最近野宿ばかりが続き、なかなかヨナとの2人の恋人の時間は取れずにいた。
もちろん、身体も重ねていなかったため正直ここのところ姫に触れたくても触れずに我慢していた。
少しでも触れてしまえば抑えが効かなくなり、場所など構わずその先へと進んでしまいそうで…


久々の宿で姫と2人きり…己の中に高まるものがあるものも、姫の体を最優先に考え、日々の疲れを癒すためそういうことを考えないでいた。

(なのにまさか、姫さんから誘われるとは……)

いくら天然なお姫様でも、すでに恋人としての仲はそれなりに深めているし一緒に寝るということがどういう意味かはすでにわかっているだろう。
むしろこんな発言をしておいて知らないなど、その口から言わせてたまるか。


「ご、ごめんなさいっ……ハクも疲れているし、ゆっくり寝たいわよね…!おやすみなさい…!」

ずっと黙ったまま顔を背けていたのを拒否と思ったらしく、くるりと寝台の方へ振り向き向かっていく。

その腕を掴み止め、そのまま後ろから抱き締めた。

「っ!ハク……?」

「姫さん、あんた自分が言ったことの意味 わかってますよね?」

わからないとは言わせない と思う心のままヨナの肩から腰への線をなぞっていくと、「んっ…」とヨナの口から甘い吐息が漏れ、ハクは口角を上げた。

身体をなぞる手をそのままにもう一度耳元でたっぷり愛おしさを含め「姫さん…」と呼ぶとびくんっとヨナの身体が反応した。


「…っわかってるわよ…っ….でも、ハクも疲れているし…別にっ……….」
その後に続く言葉を言わせないようにハクはヨナの顎を掴み振り向かせ唇を塞いだ。

「……んっ…ふっ…」
次々と啄むような口づけをおくり、どんどん深めていく。

ぴちゃ…ぴちゃ…と月明かりの照らす静かな部屋の中に2人の口づけの水温だけが響き、甘い口づけ酔いしれ思考がかすんでいく。

激しくなる口づけにヨナは身体の力が抜け、ハクにもたれかかった。
もたれかかってきたヨナを抱き上げハクは寝台へと運びヨナをおろした。

「大丈夫ですか、姫さん」

はぁはぁと肩を上下に揺すり息をするヨナの背を撫で落ち着かせる。

「久々の口づけにそんなに感じました…?」
と揶揄を含んだような言い方をすると「なっ……!」とさらに顔を赤くした。

(ああ…本当に可愛いな…)

そう思いながらフッと苦笑いし再び軽く口付けそのまま指を絡め敷布に押し倒した。


「姫さん、あんたに触れるのは久しぶりなんであんまり手加減できないかもしれませんが…」

いくら想いが通じ恋人となっても何よりも大切なこの姫を、己の手で傷つけたくはないし、辛い思いもさせたくはない。

そう思って今まで過ごしてきたがいつも姫に触れると思うままに理性が働いてくれない。

ましてや久しぶりに触れる姫の身体にどこまで己の理性がもつか……


そう思っていると絡めていた手をほどき、姫が自分へと手を伸ばし頬をなぞった。

「大丈夫よ、ハクが私のことを考えて触れてくれるのが…嬉しいもの…
何より、ハクが私のことを大事に思ってくれているのが嬉しいし、幸せよ……」

そう言葉を告げるとすっとヨナは身体を起こし軽く唇を重ねた。

だから、気にせず、触れて…?

頬を赤く染め上げすこし瞳を閉じて笑う姫はとても扇情的で…

すでに焼き切れそうになった理性のなか、姫の夜着へと手を伸ばし、腰にある紐をほどいた。

そして月明かりが照らし、うっすらと浮かび上がる白くやわらかな肌へ迷わず触れていった 。



スポンサーサイト
2015_12
05
(Sat)18:19


暁のヨナ116話 「敵は味方は」




ここぞアニメですっごくすっごく観たいシーン(実際は全て観たいのだけど)

ずっと待ち望んでいたシーンがみれてとっても嬉しかったです。



敵は味方は。ひとまず共闘という感じですね。
ハクは(今 俺がすべきことは いち早くここをぶっ壊して 姫さんとリリを助け出すことだ)とやるべき事を最優先に考え行動します。
キジャに抛石機をすべて壊させ、ハクは火薬の処分をしに行きます。
(うむ?ってキジャが可愛い)


ぶっ壊してスウォンと対面かと思ったけれど、まだ対面はしませんでしたね。
スウォンとの再会はまだのよう。

スウォンはジュドさんたちに協力者がいるとは知らせてなかった模様。
では彼はどうやって昨夜砦まで来たのだろうか…1人…?
砦の中や周りがどんな状況なのかよくわからなくて地形的にもわかりにくいけれど、どこかで野営でもしていたのかな

「向こうがどうくるかわからなかったもので」

ジュドさんは気づいたのかなぁ…
スウォンがああいう表情をするのはどんな時かわかっているような気もする。


一番乗りに砦へ乗り込む風の部族&地の部族。
うーん、かっこいい。

個人的にグンテさんとムンドクさんは好きなので2人戦闘がみれてとっても感激しました!

ムンドクに至っては初の戦闘シーン!
見どころですね!


「暴れるぞ ついて来い」

「はいっ♡♡ グンテ様」


地の部族は本当にグンテさんのこと尊敬してるし大好きですね!
スウォンも風の部族と似たようなものを感じていたけれど、やっぱりこういうところがいいなぁと思います。

ムンドクさんはどうやら腰を痛めたようでしたけど、そんなところは微塵も感じない動きっぷり。さすがムンドク長老

グンテさんがムンドクさんに敬意を持ってるとこがいいなぁと
それだけムンドクさんの存在の大きさがあるし、さらにハクの大きさや強さも感じれる
グンテさんハクみたいな子欲しがってたもんなぁ(笑)

ムンドクさんは本当にいくつくらいなんだろう!
こんなのお遊戯だと言ってズバババっと闘ってます
自分のようなヨボヨボジジイに後れを取るなら前世かやり直せと厳しいお言葉!
さすがのグンテさんもたじっている

ここで剣を取り返したシンアとテウがご対面。
テウをみてシンアは、


(似てる……)
(誰かに だれだヨ)
(あ…)
(小さいハクだ…)


解決!

確かに似てるなぁって感じですね笑
17で将軍をやってるテウがシンアに小さいハクって言われてるのがなんだか可愛いなと思った(笑)
そしてシンアが1人で喋って1人でツッコンでる……(心の中で)

言葉遣いや身のこなしとか雰囲気が似てると思ったのだろうけれど、シンアは結構皆のこと見てるよねーって思いました。絡みこそ少ないけれどw

そんで風の部族の動きが、しゅばっとかしゅばばとかタタッとかとても速い感じがするw

そういえば、高華国は今まで戦はなかったのだから、テウやヘンデは実戦はじめてなのか?
結構ズバズバいってるけどまぁハクもそんな感じだったか





ユンくんが奴隷の人たちを誘導しているところにムンドクさんが助けにきます。

ユンくんはムンドクさんだと気づいていないけれど、ムンドクさんのことはもちろん知っているし、正体がわかったらあの人が英雄ムンドク…!キラキラってちょっとなんないか楽しみ(笑)
今回もすごい…ってちょっと頬赤らめてたし。
君は今まで化け物たちの闘いをたくさんみてきているのに。やはり違うのか

リリのことを伝えようとするけれど、ことごとく言葉を遮られ伝えられないユンくんw

ムンドクは清浄な水があることを伝え、ユンくんに飴を渡し頭わっしゃしゃーってします
可愛い(笑)
なんかユンくんがこんなふうに子供扱いされるのもなんだか新鮮。
今まで自分が助けようとしてきたから助けられることも新鮮なのかな

そしてムンドクさんは火薬の爆発の音を聞いて 「ボウズ生きろ」 としゅばばと去っていきます。
風の部族の去り方がいちいちなんだか可愛いww



さてさてここからが見どころ
心の準備に取り掛かります。

爆発はもしかしなくてもハクの仕業。

ついにハクとムンドク感動の再会が…
感動の…再会が…



爆風の中飛び込むムンドク

その先にいたのは火薬を持ったハク




ズドーーーン



これはぜひ本誌を見て欲しい(笑)
ギャグっぷりがたまりませんww
しかも大ゴマで2人の目が点(゜‐ ゜)の表情アップ
一瞬時が止まったようなあの感じぜひアニメで観たすぎるw

爆風の中ハクは呆然とする


(………………………今…… なんか一瞬… ジジイの幻が見えたような…… ……いやないない それはない)


まぁソウダヨネ!
こんなところにまさかいるとは思わないものね!w

気を取り直してハクはまた火薬を砦にぶち込もうとします。

一方ジジイは結構負傷してるwww
どう爆発したかわからないけれど、ハクは無傷でジジイかなり負傷で一体ハクの身には何が…!ww
むしろなんで二人とも生きてるんだって域
あのあと投げたのかわからないけどハクはバリアをはれる能力があったのか(


ムンドクに駆けつけるヘンデ。涙目で可愛い。笑
ムンドクさんは 「ハクが…」 というけど、ヘンデは 「三途の川は渡るな駄目絶対 ハク様が向こうから呼んでても逝かないでーっ」 と涙目

(ハク様がすでに死んでいる設定)


ヘンデはムンドクの敵討ち( に
「長老の弔い合戦じゃああああ!!!」

「生きてるつもり」はもはや風の部族ワード


そして

爆風の中飛び込むヘンデ

その先にいたのは火薬を持ったハク

(゜‐ ゜)な2人

が、今度はズドーーーンといかず、ヘンデが
槍でカアンと火薬を飛ばします。
ひゅるるるるる ドオン
さすが風の部族一素早い男。お見事!(パチパチ

そしてやっと感動の()ご対面。

「ハク…さま…?」

「ヘンデ…か…?」

まだ( ˙ ˙ ) な感じの2人
ムンドクもハクの名前を呼び、ハクもやっとムンドクの存在を確認します。

今回何番目かのツボ

「誰にやられた」

「お前じゃ 💢」


「本物?」
「本物だよぉーってかこっちの台詞だよぉーー」
「お前らなんで…」
「それもこっちの台詞だよぉーー」
「何やってんだよ わけわかんねーな」
「みんな俺の台詞だよぉーー」 (ハクにしがみつき頭ぶんぶんしながら)

ヘンデが可愛いよおおお!!w


ハクは生きてると思いながらやっぱりちょびー-っとだけ死んでるかなーって思ってた様子。
まぁ普通あの崖から落ちて生きてるとは思わないし、ハク様は簡単に死なないと思い信じながらも、死なないでほしいという願いが強かったんですね。


そしてテウも駆けつけて再会。
テウは 「……は?」 しか言わない(笑)
ヘンデのケタケタ笑う無邪気な顔が可愛い。

そして泣き出すテウ
もらい泣きするヘンデ
ぐっっと堪える2人
どうしていいかわからないハク

もう君ら可愛いすぎだよおお!笑
風の部族本当大好きだ………

テウとヘンデはハクに会ったら泣くと思ったから本当に泣いてくれて嬉しい。(笑)
じっちゃんも泣くかと思ったけど今は泣かなかったw
あとから泣きそうだな(笑)
姫様との再会もすっっごく楽しみ。

そしてムンドクはハクに姫様の所在を聞きます。

(じっちゃんやっぱりボロボロだけど大丈夫か)

そういえばあれだね、今回はシンアとテウだったけど今後シンアとヘンデの会話もあるかもだよね!
岡本さん×2
ここにきてたくさん喋るよ岡本さん!笑
シンアとヘンデの会話がでみたいw




一方キジャとシンアはテトラが近くにいてジェハから情報が入っているかと思いテトラを探します。
小さいハクがいたとキジャに伝えるシンア(笑)
何のことだかわからないだろうw


そしてテトラを発見したキジャたちだけど、同時にスウォンも発見します。



今回はここで終わり。
次回は休載なので続きは一ヶ月後です涙

でもかなり休載なしで続けていたからさすがに次回は休載だと予期していました。
何より風の部族との再会が見れたのでとっても満足です!
これがおあずけだったら辛かったw


さてさて、次回どうなるか。
逃亡したヨナ&リリ、2人を探すジェハ&ゼノ、ハクたちのいる砦に事を伝えるアユラ、再会した風の部族、スウォンと出会ったキジャ&シンア
なかなか混戦していて次はどの場面になるのか見どころですね。

花ゆめは一号30pだったからなかなかどの場面もいれようとすると入り切らず大変ですね。
かといって月刊誌だと待ちきれない(笑)
でも花ゆめで月に休載がないと60pだからこっちの方が多いのか


そろそろヨナちゃんとリリの方も気になるとこですよね
2人はこれからどこに行くのか、無事ジェハ&ゼノと合流できるのか……。

アユラからふたりがすでにいないと情報を聞いたらハクさんの心が乱れそうだけど、きっとキジャたちが支えるんだろう。
ヨナちゃんは緋龍王の生まれ変わりでもあるし死ぬわけないと、

前にイクスにヨナちゃんは奇跡的に城から逃げ延び奇跡的に崖から落ちて助かり、それはもう天命、みたいに言われてたけどどちらかというとあれは全てハクのおかげだよねって思ってる
ハクがいたからこそ生きてこれてるヨナちゃん。だからハクも生きなきゃならない何かがあると思ってる


そろそろ予言も次の段階にいくのでは、とも思うし、スウォンサイドに四龍の存在が知られてもいい時でもあると思うから、物語が大きく動くのでは、と今後どうなるかとっても楽しみですね!


何にしろ私はハクと風の部族の再会がとってもとっても楽しみだったので今回は本当に待ち望んだ回でした。
場面にそぐわない和みが最高です、ギャグセンスもばっちりあわせ持つ風の部族最高。


私はハクヨナ大好きでハク大好き人なのでハクひいき激しいです笑

だから今回はハクは本当にみんなから愛されてるなぁと思えてとっても嬉しかった(涙)

テウやヘンデはちゃんと親がいるのか?はわからないけれど、孤児設定のハクにとって育ての親であるムンドクと家族と呼べる部族との絆を絶って旅に出たわけだけど、こうして自分の安否を喜んでくれる人がいるのはとっても大事だし嬉しいと思う。


ヨナちゃんにとってもユンや四龍という仲間に出会えたのは大きなことだけどやっぱりハクにとってもすごく大きかったんだろうなぁと思えます。

だから前回のタイトルである「いつか言えるだろうか」、本当にハクの口から皆へ感謝の言葉が出た時、私は涙腺崩壊不可避。


ヨナのこういう仲間関係とっても好きです。
何か意図があるかはわからないけれど、みんな親がすでにいない人ばかりだから大切な仲間の存在はとても大きいなぁと思います。


そういえばハクの孤児設定について、私はずっといつか明かされるのではと思っていたけど、皆の話を聞くと意外と気にされてない方が多くて最近はそんなこだわるところでもないのかと思ってきました

ハクは天才が努力した、とみずほ先生はブログで言っていたけど少なからず天賦の才はあると思うからきっとすごい血が流れているのだろうと思っていました

まぁその才能が開花したのはムンドクのおかげだと思うのですが!

というわけで(?)ムンドクとハクの出会いも気になるこの頃です!明かされないかなぁ



今回は見たかった回でもあるし、色々書きたかったので細かく密度濃く書いたつもりです!
途中自分の感想どばーっと入っていたりするので、読みづらかったかもしれませんがすみません。



感想とはまた違う話ですが、アニメガ全巻購入特典のハクヨナタペストリーの絵柄が解禁されまして…………
もうなんといって良いやら……!素敵すぎて吐血&墓不可避でした……!みずほ先生神様ありがとうございました…//
高級そうな衣服を纏い髪が長いヨナちゃん、そしてなんだか前髪を下ろしている感じのハクさん、横にいるぷっきゅー…!
これは未来では…!と勝手に1人で盛り上がって荒れてました( 'ω' )

Twitterでは騒がしくてすみませんでした(土下座)

花ゆめでは可愛い可愛い夫婦のようなハクヨナカレンダーも拝めてなんて素敵な日だったのでしょうか……とても私得な日でした…


花ゆめ次号は休載で続きは一ヶ月後ですが、なんとか生き延びれそうです。
12月はアニメBDも最終巻ですし、はやく2期をやってほしいものですね…


ではでは…
読んでくださった方ありがとうございます( ˊᵕˋ )♡