2017_07
24
(Mon)17:03

花とゆめ16号 暁のヨナ144話感想




第144話 怒り






もうこれは少年漫画ですね(きっばり
なまいきざがり。も好きで毎度読んでいるのですがとても同じ雑誌に掲載されていると思えません笑
私は絵柄は少女漫画より、物語は少年漫画よりが好きなのでヨナはほんとにどストライクなのですが、やはり普通に少女漫画の恋愛物語を求める方はちょっと好みが違うのかなぁと思ったりします。

しかしみずほ先生の描写力は本当に素晴らしいですね。
表情とかの迫力がすごくて。



扉絵、ここでそんな平和な絵をもってくるなんてみずほ先生読者を泣かせにきてます。
最近扉絵はあまりないので貴重ですね。


コウレンを助けたのはヴォルドでよかった出番あったねと思ってしまった笑
ミザリが間に合うのか?ともちょっと思ってたので

石を投げるアルギラがアルギラらしくてとても好きです笑

ヴォルドはやはり純粋というか、あまり人を疑ったり探ったりしなさそうですね。




ハク、結構しんどそうですね…
四龍とユンはどこと聞いたのがハクだったのがほんとに大事な仲間になったんだなぁとしみじみ思いました。
斉国編からハクの仲間への信頼意識がよく描かれていたので。

「それよりもう離れないで下さいよ いい加減しんどいんで」
にとてもキュンとしました…。
そりゃあもう姫さんの傍を離れたくないですよね…色々ありましたし……。

ヨナちゃんが色々動き回ってる間ハクは基本ヨナちゃんを待つのみという感じでしたので、その時間がとても長かったのではと思います。
なかなかハクがヨナちゃんの傍を一日以上離れることってないですし、ハクは心配で心配で仕方なかったと思います。
しかもあのキスのこともあります。簪も。
ハクの脳内はかなりいっぱいいっぱいなのでは…
本当に「しんどい」んだと思います。
怪我もありますがそれ以上にヨナちゃんのことが…
「…きです」とか言っちゃいましたしね…

スウォンとも会ったヨナちゃん、きっとその時は自分が傍にいたかったとおもいます。
もしヨナちゃんの見に何かあったらと思うとゾッとしますもの。


しかしこういう表情大好きです…
苦しげな表情って色っぽさがありますよね…

大丈夫?ちゃんと戦える?と心配ですが…
野営地に行くということはやってくる空の部族と会う可能性も高いので…
風の部族もいるのできっとハク様を守るとは思いますが、とにかく四龍含め治療してあげたいです…



そしてネグロ………(;ω;)
特別な描写が今まであったわけでもないですが、こんな最期とは…とても悲しいですね
戦の話ですから犠牲がないなんてことはもちろんなくきっと覚悟もしていたでしょうが、この状況ですぐに動けるコウレンはやはりこの国の王だなと思いました…
コウレン本当にかっこいいですね。


ミザリのシーンもかなり印象強いですね。
少女漫画とはとても思えませんが笑

ネグロの死によりミザリの中で考えというか、在り方が変わっていくのではと思いました。
おそらくコウレンのみ生き残ればみたいなところがあったような気がするのですが、今回コウレンの盾となり死んだネグロを見て(見たわけでもないですが)、それだけではおさまっていないと思うので…何を考えているかわからない子でもありますが怒りが溢れてると思いますし。
この先どんなふうになっていくのか注目したいです。



ハクがタレ目の能力が羨ましいとか言ってるのがなんか微笑ましかったです笑
そして椅子蹴りあげて矢をガードするヨナちゃんカッコよすぎです

「どんな教育を受けたのだ」というコウレンと「お互い様でしょ」というヨナちゃんの会話が好きです!
なんだが距離が縮まった気がします。
この二人には仲良くしてもらいたいなって思ったりします。

ヨナちゃんの足技に関してはタレ目の影響かしら笑

「運命の死だとしても私は拒絶する」というコウレンのセリフがかっこよすぎました。
言葉一つ一つに痺れますねェ…


そしてお待ちかねの兄さん!!やはりかなり負傷しているようですね…
重いと言いながら多分支えたんですよねハクさん


そしてそしてついにシンアの出番!!
わぁぁぁぁすごいですね普通に首が飛ぶあたりやはり少女漫画じゃないですね!

シンア今回はしっかり青龍の力を使えてるみたいです。
龍を操ってる感じなんですね。

麻痺返しがどのくらいでくるかもありますが今はシンアの力が必要だ!

フードの中からちょこんと顔だしてるぷきゅが可愛くて困りますね。
ちゃんとヨナちゃんの姿も確認できてるようで。ぷっきゅーとヨナちゃんの再会の場面で少し癒されました。
ぷっきゅーはやはり貴重な癒し担当ですな!



残念ながらまた次回は休載のようで…前回再開だったのではやくて辛いですが、みずほ先生には無理なさらないでほしいし堪えなくては。
再開号はドラマCDつきですね!


8/26に大阪でサイン会がありますがまぁまぁ参加の仕方が酷くて…
死ぬほど行きたいのですが先着順とか……
しかも店舗予約と電話予約同時とか確実に電話繋がらないじゃないですか…

酷いです…とてもファンのことを考えたイベントとは思えません。

サイン会なんて次いつあるかわからないのに…『今』行きたいんですよ…。
しかしさすがに予約のために大阪とかキツすぎて行けません(›´-`‹ )二週連続とか身を削りすぎる…

先週てのがほんとずるいです
地元民はとりあえず早く行って並べばほぼ確実に行けるじゃないですか…ほんと悔しい…諦めきれない…



ところで24巻表紙がもう素晴らしくて…
背中合わせのハクヨナとかヨナちゃんが望んでいたことなので泣けますよ…成長したなぁ

実際の戦場だと弓ですしなかなか難しいかもしれませんが、こういう場面で見れるとすごく嬉しいですね。



どうやら丸善ジュンク堂書店で買うとハクヨナペーパー貰えるらしいのでまんまと策略にハマりに行きますよーーー

次回休載で干からびそうですが、単行本やドラマCDも楽しみに頑張りたいです
スポンサーサイト

COMMENT 1

prin  2017, 07. 26 (Wed) 22:52

こんばんわ。斉国編あたりから、本当に少女漫画の枠を超えた展開ですよね。私も元々少年漫画の方が好きでして、本筋は骨太なドラマがありつつ、ラブもあるとすごく嬉しい♪みたいな感じなので、ヨナは真面目にどストライクです(笑)

ネグロは見事でしたね。最後までコウレン姫の前では膝をつかず、末っ子のミザリを守って倒れるなんて。彼の死はあの場にいた人達の心に、それぞれの形で残ったんじゃないかと思います。ミザリは人の痛みが分からない子なのかと思ってましたが、ネグロの死に対する反応はすごく人間らしいと思いました。矢傷が思いの他深いようで、ちょっと心配です。

今回ヴォルドがカッコ良かったですね!やっと護衛らしい姿が見られましたよ(笑)彼が願うように、コウレン姫とタオ姫が共に国を導く未来が来ると良いのですが。

「それよりもう離れないで下さいよ いい加減しんどいんで」ハク様本音ですね。斉国編でヨナが攫われたのは、ハクにとって本当に痛手だったと思うのです。あれ以来、絶対離れようとしなかったですものね。今回別行動を了承したのは、ヨナの意思と状況と、アルギラの腕を信じたからだと思いますが、やっぱり色々しんどかったんでしょうね。そしてこんな状況なのに、「ハク、色っぽい」と思いました。私も(*^m^*) どこまでも反則な男ですよ、まったく(笑)

シンアが龍の目を使いこなしてますね!大きな麻痺返しがない所をみると、力を抑えながら使っているんでしょうか。こういう抽象的な力を描くのってすごく難しいと思うんですが、草凪先生の画力は本当に凄いです。

次回休載。ツラいなあ・・・。でも8月は24巻も出ますし頑張って生きねば。サイン会はムリですが、ジュンク堂にはハクヨナペーパーゲットしに行きますよっ!

Edit | Reply |